それぞれの金属の長所を併せ持つアルミ青銅は丈夫で加工しやすい

それぞれの金属の長所を併せ持つアルミ青銅は丈夫で加工しやすい

加工で硬化した金属材料を電気通電で軟化できる

たくさんのパイプ

金属材料は硬いものというイメージを持っている方は多いと思います。確かにボルトやナット、金属パイプなどは硬く容易に曲げることはできません。しかし、金属材料を使用した工業製品の中には、同じ太さでも柔らかく曲げやすいものもあります。例えば、針金や導線など簡単に曲げられるものもあります。本来、金属材料はプレスや引き抜き加工により、加工硬化するという特性があります。金属組織内に隙間が少なくなり、硬くなるというイメージです。均一だった金属組織が密になるものの、通電加熱することにより軟化することができます。針金の場合、金属材料でも硬い鋼がベースとなるものの、通電により軟化させることで曲がり易いものに変化します。導線も同様であり、加工硬化した導線を軟化させる工程を用い、柔らかく、曲がり易い電線に加工します。しかし、せっかく柔らかくなった金属材料も、何度も曲げ伸ばしをすることで部分的に効果してしまい、最終的には破断してしまいます。針金で締め上げる際、針金が切れてしまったという経験がある方なら分かると思います。破断面から離れた場所では柔らかいものの、破断個所は硬くなっています。金属材料は柔らかくなるものの、使い方次第で硬くなってしまうという特性を知っておけば、針金が切れてしまう問題なども解決できます。

Recommend Article

New Information