それぞれの金属の長所を併せ持つアルミ青銅は丈夫で加工しやすい

それぞれの金属の長所を併せ持つアルミ青銅は丈夫で加工しやすい

丈夫で加工しやすい優れた金属材料「アルミ青銅」

金属を加工する

アルミ青銅はアルミニウムと銅からなる合金です。アルミも銅も金属材料として広く用いられている金属です。本来青銅といえば銅とスズの合金のことでスズを含まないのにアルミ青銅というのは正しくないのですが、一般的な意味で銅の合金を総称して青銅と呼ぶことから、アルミ青銅という名称が用いられています。
アルミ青銅はアルミニウムと銅のそれぞれの長所を持つ優れた合金です。アルミニウムの持つ優れた耐腐食性と耐変質性、そして軽量というという長所はそのままに銅の優れた加工性を兼ね備えています。アルミニウムは非常に安定した金属で優れた耐久性が期待できますが、加工しにくいのが難点です。アルミニウム製度は銅と合金化することで、加工しにくかったアルミの加工性を向上させ扱いやすくすることに成功しています。
軽くて丈夫で加工しやすいアルミニウム青銅は、変質しやすい場面で使用されています。海水に長時間さらされる船舶部品や劇物を取り扱う化学工業部品、強い負荷がかかる機械部品など、大きな負荷がかかる用途にも使える金属材料として広く用いられています。
アルミ青銅は美しい光沢と輝きも特徴のひとつです。その美しさから記念メダルやコインなどにも使用されています。

アルミ青銅はアルミニウムと銅の長所を併せ持った金属材料

アルミニウムと銅で作られる合金がアルミ青銅です。アルミ青銅はあまり聞きなじみのない名前ですが、我々とって非常に身近な存在です。普段アルミ製と言われている製品の多くは純粋なアルミニウムではなく、アルミ青銅を金属材料として用いて製造されています。乗り物のボディや大型機械の部品、化学薬品の保存タンクなど、特に安全性が求められる用途に広く用いられています。
合金を金属材料として使用する最大のメリットは欠点の解消です。アルミニウムも銅もそれぞれ優れた特徴を持ちますが、同時に明確な欠点も持ち合わせています。アルミは丈夫で変質しにくく耐久性に優れますが、その安定性により加工しにくいのが欠点です。銅は柔らかく加工が容易ですが、腐食や変質に弱く風雨にさらされる場所には使用できません。
アルミ製度はアルミニウムと銅、それぞれが持つ欠点を解消した素晴らしい金属材料です。アルミの欠点である加工しにくさを銅がカバーし、銅の耐久性の低さはアルミによって改善されています。合金化したことで、アルミの耐久性と銅の加工性を併せ持つ理想的な金属材料が実現しています。
合金化することで金属材料の可能性は飛躍的に高まります。アルミ青銅以外にも多くの合金が実用化されており、現在の社会生活を支えています。

アルミ青銅を使う場合は強度特性に注意しよう

金属材料はそれぞれ異なる特性を持っているため、用途にあわせた選定が重要になります。金属材料としてよく用いられるアルミ青銅も用途にあわせて使わないと使い方はできません。特に注目すべきポイントが「強度」です。
金属材料はどれも優れた強度を持っていますが、種類によってかなりばらつきがあります。重量や負荷に耐える十分な強度を有する金属材料を選ぶのは当然ですが、単に強度が高ければいいというものではありません。強度が高くても金属材料自体が重いと、自重が影響して性能低下を招く可能性があります。例えば自動車の部品は強度が求められると同時に、燃費向上のため軽量であることも重要視されます。強度が要求を満たすだけでなく、それ以外の部分でもバランスを考えた選定が大切です。
もうひとつ抑えておかなくてはいけないのが強度の特性です。ひとくちに強度と言っても測定方法はいろいろです。金属材料の場合は「ひっぱり」「圧縮」「曲げ」「ねじり」の4種類に強度が分類されます。ひっぱり強度が優れていてもねじり強度は低い、というように金属材料にはそれぞれ特徴的な強度の性質があります。アルミ青銅の場合はひっぱり強度に優れますが、全体的な強度はそこそこなのでふさわしい用途で使用してください。

アルミ青銅を加工して物作りをするのであれば、【イーメタルズ】での購入がおすすめです。高品質の金属を、必要な分だけ細かく指定して購入することが可能です。

Recommend Article

New Information